Top >  横浜スタジアム球場の歴史 >  横浜スタジアム球場の歴史

横浜スタジアム球場の歴史

横浜公園平和野球場
現在の横浜スタジアムになる前、ここは「横浜公園平和野球場(通称:横浜平和球場)」があった。前身は1874年に完成した「彼我公園(ひがこうえん)」。在日外国人のクリケットグラウンドとして整備され、1896年には地元外国人チームと旧制第一高校との国際野球試合が開催された。

その後、1929年に関東大震災復興記念事業の一環としてこれを硬式野球場「横浜公園球場」として整備、1934年にはルー・ゲーリッグやベーブ・ルースらを擁するアメリカ大リーグ選抜軍と、沢村栄治や苅田久徳らを擁する日本代表チームとの間で親善試合も開かれた。しかし第二次世界大戦(太平洋戦争)の敗戦により、1945年9月に球場はアメリカ軍に接収。名前もここでゲーリッグがプレーした事にちなんで「ルー・ゲーリッグ・スタジアム」と改称される。そして1948年には日本初のプロ野球ナイトゲームを開催した(下記参照)。1952年にアメリカ軍の接収解除に伴い横浜市に返還され、1955年に「横浜公園平和野球場」と再度改称する。

         

横浜スタジアム球場の歴史

関連エントリー

横浜スタジアム球場の歴史